1. HOME
  2. 英田エンジニアリングの技術力
  3. FTL精密チューブミルライン

FTL精密チューブミルライン

 

熟練者不足の問題を解決し、低コストで高度な加工作業をユニバーサルデザインで実現した次世代型の精密チューブミルラインです。

 

ftl_img01.jpg

 

ftl_img02.jpg

 

 

電動ロールスタンド・4方ロールスタンド

ftl_img03.jpg

各種ロールスタンドのロール移動量は、サーボモーターによりNC化され、非常に精度の高いユニットで構成されています。

ロール段替えの際の、再現性の向上等が可能になりました。

また左右45度まで回転できる、「四方ロール」を装備し、サイジング部だけでは矯正しきれない歪みにも対応可能です。

 

 

 

オンライン3次元断面形状計測システム

ftl_img04.jpg

「オンライン3次元断面形状計測システム」は、4台のCCDカメラとスリットレーザー光を利用した画像処理システムを使ってパイプ断面形状を計測します。

計測データより補正値を算出し、四方ロールまたはサイジングロールにデータをフィードバックすることで製品を矯正します。

サンプル計測と調整にかかる、人手やロスタイムも大幅に削減することが可能になりました。

 

 

製品特徴

  • 従来の溶接管による成形機では、外径精度:±0.05mm、真円度:0.05mmでしたが、
    FTLでは、外径精度:0.015mm、真円度:0.02mmを実現しました。
    約3倍の精度を実現可能としました。
     
  • 「NC化による自動矯正システム」と「オンライン3次元断面形状計測システム」によりこれまで限られた熟練技術者を対象とした機械を、未経験者や女性でも高度な加工作業ができる画期的な成形機へと一新しました。
     
  • 低コストで高精度なパイプの製造が可能になることで、弱電機器に限らず、自動車製造ライン、各種産業機器など、各業界で大きな省エネ効果、CO2削減効果を実現できます。
    FTLは、日本だけでなく、世界の未来にも貢献する、次世代マシンです。

 

 

事業内容・製品

BURS21
「美は機能に従う」という英田ブランド戦略の一環として開発されました。これまで対応の遅れていた成形機業界の労務環境とデザイン環境を一新。日本の製造現場の活性化を誘発する起爆剤になるものと確信します。
FTL
熟練者不足の問題を解決し、低コストで高度な加工作業をユニバーサルデザインで実現した次世代型の精密チューブミルラインです。
フォーミングロール
フォーミングロールの「設計・熱処理・製作・トライ(試運転)を行なっています。これらを社内で一貫して行える業界屈指の体制を構築しています。
成形機・造管機・各種専用機
設計・製作・トライ・アフターサービスまで、企画段階から入らせて頂くことでお客様の要望にお応えしています。独自技術は決して他社には真似出来ないものとなっています。
ボラード・駐車場・駐輪場機器
環境と人にやさしく、より快適で、より安全な無人駐車場管理システムとハイクオリティで高い安全性を兼ね備えたボラードを提供します。
熱処理・刃物製造
当社で蓄積された技術は、各種金型からシュレッダー。粉砕機のカッターに、幅広く応用されます。金型は技術の結晶です。
空いた土地を活用して街を元気にパークンパーク
グループ企業が運営するパークンパーク。24時間営業の無人駐車場・駐輪場で地域社会へ貢献します。

ISO 9001認証取得