1. HOME
  2. 英田エンジニアリングの技術力
  3. ゼロフラップ

新型フラップユニット「ゼロフラップ AEZF」

待っていた停めやすさ
 
 

ZERO1-2.jpgZERO2-2.jpg

従来のフラップは駐車時、車止め板の段差及び大きなカバーの存在により入出庫の妨げになっていました。

また駐車可能スペースを小さくしてしまう原因にもなっていました。

 

新商品 ゼロフラップ「AEZF」は車止め板及び大きなカバーもない為、駐車可能スペースを広くすることが可能となり、

より安全でスムーズな入出庫を可能にする新型フラップです。

 

バリアフリー設計により、車椅子や女性利用客のご利用などにも優れているとご好評を頂いており、

「AEZF」を導入した無人駐車場の開設が続々と進んでいます。
 

仕様

適応車種

普通乗用自動車及び軽自動車

全長5m以下、全幅2m以下、車両総重量2t以下

昇降部上昇時間 平均6.0秒、最大8.0秒以下
昇降部下降時間 平均7.0秒、最大9.0秒以下
昇降部上昇力 上昇初期40N(4kgf)
昇降部下降力

約200N(20kgf)

 
 
ZERO3-2.jpg
 

特徴

①段差やカバーがないため、バリアフリー駐車場へも使用可能。

②フラップ板の上昇力が任意に設定可能なため、フラップ板の突き上げによる車両のパーツ破損の恐れを軽減。

③お客様の足が挟まれない段差の少ないデザイン。

④フラップ板を押し下げられない「フラップ板ロックシステム」を搭載し、不正出庫を防止。

⑤緊急用ロック解除機構搭載のため、停電時でもフラップ板を下降させることが可能。

 

 

設置例

ZERO4.jpgのサムネイル画像 ZERO5.jpg

P-ETAとは

 

P-ETAロゴ.jpg
 

●「P-ETAとは」

「Park-Easy Technology of Aida engineering」

駐車し易さを追求し駐車場全体をデザインするシステムです。

 

●P-ETAの特徴

・駐車の難易差に合わせた車室設計(ワイド車室、車室間スペースの拡張)

・段差の少ない安全・安心な駐車場

・駐車に必要な機器以外は設置しないシンプル設計

・過去のデータを元に駐車し易いレイアウトプランの作成

 

P-ETA設置例

AEZF+P-ETA写真.JPG P-ETA駐車場全体.JPGP-ETAワイド車室.JPG 

 

 

 

 

事業内容・製品

BURS21
「美は機能に従う」という英田ブランド戦略の一環として開発されました。これまで対応の遅れていた成形機業界の労務環境とデザイン環境を一新。日本の製造現場の活性化を誘発する起爆剤になるものと確信します。
FTL
熟練者不足の問題を解決し、低コストで高度な加工作業をユニバーサルデザインで実現した次世代型の精密チューブミルラインです。
フォーミングロール
フォーミングロールの「設計・熱処理・製作・トライ(試運転)を行なっています。これらを社内で一貫して行える業界屈指の体制を構築しています。
成形機・造管機・各種専用機
設計・製作・トライ・アフターサービスまで、企画段階から入らせて頂くことでお客様の要望にお応えしています。独自技術は決して他社には真似出来ないものとなっています。
ボラード・駐車場・駐輪場機器
環境と人にやさしく、より快適で、より安全な無人駐車場管理システムとハイクオリティで高い安全性を兼ね備えたボラードを提供します。
熱処理・刃物製造
当社で蓄積された技術は、各種金型からシュレッダー。粉砕機のカッターに、幅広く応用されます。金型は技術の結晶です。
空いた土地を活用して街を元気にパークンパーク
グループ企業が運営するパークンパーク。24時間営業の無人駐車場・駐輪場で地域社会へ貢献します。

ISO 9001認証取得